home会社を探す三信電気株式会社
サンシンデンキカブシキガイシャ

三信電気株式会社の評判・企業研究

location_on 〒108-8404 東京都港区芝4-4-12
三信電気の評判・口コミ・企業情報を掲載。三信電気で働く現職社員、元社員(OBOG)からの投稿情報など、転職・就職・企業研究などでご活用ください。

    評価グラフ

    三信電気株式会社

    会社の特徴・将来性の企業研究・分析レポート


    企業の強み・弱み・将来性・組織、企業文化の特徴に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    三信電気株式会社

    会議数・生産性の企業研究・分析レポート


    社内MTGの良い点・悪い点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    三信電気株式会社

    上司との信頼関係の企業研究・分析レポート


    上司の良い点・悪い点・改善点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    三信電気株式会社

    同僚との関係性の企業研究・分析レポート


    同僚の良い点・悪い点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    三信電気株式会社

    入社理由・入社後の印象の企業研究・分析レポート


    入社理由・入社後のギャップ・やりがいに関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    三信電気株式会社

    退職・ストレスの原因の企業研究・分析レポート


    退職をどう防ぐかに関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。

    口コミ

    まだ口コミの投稿はありません。
  • 写真

    まだ写真の投稿はありません。
  • 会社の特徴・沿革

    三信電気株式会社は、電子機器の国内販売、貿易並びにソフトウェア開発など行っている企業です。1951年設立、本社を東京都港区に置き、資本金は148億1,139万円、従業員数は2017年3月31日の時点において連結で633人、単体で465人です。「信用」「信念」「信実」の社是のもと企業理念と行動基準を定め、半導体・エレクトロニクス商社として、最先端商品の設計並びに販売を展開するデバイス事業、最新の情報処理や通信ネットワークシステムや映像システムを設計・構築し「解決策」を提案するソリューション事業の2本柱でビジネスを展開しています。 1985年7月に東京証券取引場第二部に株式を上場、1996年9月には東京証券取引場第一部に指定替えをしています。1976年に台湾に現地法人を設立したのをはじめ、香港、シンガポール、カリフォルニア、マレーシアなど世界に13の海外ネットワークを展開しグローバルに事業を進めています。

  • 主要事業・商品

    主要事業として「デバイス事業」「ソリューション事業」があります。

    デバイス事業

    液晶テレビやスマートフォン、デジタルカメラやゲーム機器などに内臓されているIC・LSI・マイクロコンピューターなどの電子部品を、大手家電メーカーや自動車部品メーカーなどに販売。企業からの要望に合わせ、国内外のデバイスメーカーから半導体や電子部品などに供給しています。幅広い製品ラインナップに加え、国内外のマーケティング情報の提供、最先端の技術コンサルティングなど、技術サポートも行っています。現在ではアジアを中心とした海外にも生産拠点、供給エリアが広がりグローバルな事業展開が進んでいます。

    ソリューション事業

    インターネットの普及に対応した最新の情報処理・通信ネットワークシステムや映像システムを設計・構築し取引先の問題点の分析およびその解決策を提案するなど一環したソリューション提案を行っています。専門性の高い5つの事業領域として、国や地域自治体組織の業務に関わる「官公庁システム」や災害時の情報伝達や避難勧告を行うための「消防・防災システム」、映像編集や放送に関わる「映像システム」、企業における人事・会計・販売といった基幹系へのソフト導入・開発を行う「アプリケーション」、デバイス事業部と連携する「組込システム」など、一般企業から官公庁・公共機関まであらゆる業種、業態に対して、プランニングから導入後のサポートまでのトータルソリューションを提供しています。

  • 女性の活躍状況

    厚生労働省の「女性の活躍推進企業データベース」や採用サイトによれば、採用した女性の割合は2016年の実績として9%、全体の労働者に占める女性の割合は13.5%、役職についている女性の割合は0%となっています。 女性社員の仕事と育児の両立に向けた職場環境の整備に努めています。産前休業および育児休業明けの社員に対しては、原則的に休職前の所属部署へ配置する、時短勤務を認めるなど精神的な負担を軽減し、職場復帰しやすい環境づくりに取り組んでいます。有休休暇の取得率向上に向け、全社目標や個人目標を設定し、取得を推進するほか、社内報での啓蒙活動や半休制度の導入など、社員が有休休暇を取得しやすい環境づくりに取り組んでいます。

    ・女性活躍推進法に基づく行動計画(平成28年度から平成32年度まで)

    女性社員が継続的に生き生きと働ける環境づくりを進めていくとしています。 【基本方針】 1.女性社員の比率を拡大する【採用】 2.女性社員が働きやすい環境を整備する【定着】 3.女性社員を管理職に任用する【登用】 【目標値】 1.2018年までに全従業員における女性の比率を13.5%→18%に拡大 2.2025年までに女性の管理職を1名以上任用