home会社を探す三井住友信託銀行株式会社
ミツイスミトモシンタクギンコウ

三井住友信託銀行株式会社の評判・企業研究

location_on 〒100-8233 東京都千代田区 丸の内1丁目4−1
三井住友信託銀行の評判・口コミ・企業情報を掲載。三井住友信託銀行で働く現職社員、元社員(OBOG)からの投稿情報など、転職・就職・企業研究などでご活用ください。

    評価グラフ

    三井住友信託銀行株式会社

    会社の特徴・将来性の企業研究・分析レポート


    企業の強み・弱み・将来性・組織、企業文化の特徴に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    三井住友信託銀行株式会社

    会議数・生産性の企業研究・分析レポート


    社内MTGの良い点・悪い点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    三井住友信託銀行株式会社

    上司との信頼関係の企業研究・分析レポート


    上司の良い点・悪い点・改善点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    三井住友信託銀行株式会社

    同僚との関係性の企業研究・分析レポート


    同僚の良い点・悪い点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    三井住友信託銀行株式会社

    入社理由・入社後の印象の企業研究・分析レポート


    入社理由・入社後のギャップ・やりがいに関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    三井住友信託銀行株式会社

    退職・ストレスの原因の企業研究・分析レポート


    退職をどう防ぐかに関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。

    口コミ

    まだ口コミの投稿はありません。
  • 写真

    まだ写真の投稿はありません。
  • 会社の特徴と売上

    「三井住友信託銀行」は三井住友トラスト・ホールディンググループの一企業で、2009年に住友信託銀行と中央三井トラスト・ホールディングが経営統合したことによって誕生しました。 信託業務においては国内の銀行で第1位の規模で事業を展開しています。なお、銀行業務と信託・財産管理業務を一括して行っている金融機関は日本国内ではこの「三井住友信託銀行」のみになります。 なお、2016年の決算においては経常利益が前期から816億円減少した1,963億円、当期純利益が前期から454億円減少した1,214億円となっています。

  • 主要商品

    通常の銀行業務と併せて顧客の財産を管理する信託業務も行っています。信託の商品としては下記のようなものがあります。

    投資信託

    顧客が出資した資金を「三井住友信託銀行」のファンドマネージャーが運用するのが投資信託です。投資信託としては国内の債券を中心に運用を行う「債券コア・セレクション」、 日本国内のみならず世界各国のロボット関連技術を持つ企業に投資する「グローバル・ロボティクス株式ファンド」、国内、先進国及び新興国の債券や株式に幅広く投資してリスクを分散する「世界経済インデックスファンド」が人気を集めている商品になります。

    自分年金信託

    じぶん年金信託は、自分自身が「三井住友信託銀行」へ金融信託した資産を年金のような形で定期的に受け取る商品になります。退職金等のまとまった資金を定期的に受け取りたいという顧客や将来のために年金の積み立てを行っておきたい顧客のための信託商品になります。

    セキュリティ型信託

    セキュリティ型信託は預け入れした資金を同意者の同意のもとに支払う商品になります。高齢者が振り込め詐欺や訪問リフォーム詐欺などに逢い、多額の資金をだまし取られることを防ぐために、「三井住友信託銀行」に金銭信託をし、資金を管理してもらうという商品です。

    教育資金贈与信託

    顧客が委託したお金を教育資金として管理するという商品になっています。孫の教育のためにかかった教育費の領収書等を提出することにより、そのかかった教育費分の実費を信託された金額から差し引いて支払う商品になっています。孫や子世代への財産の継承をスムーズに進めることを目的とした商品です。また、教育資金として孫への贈与を行った場合、1人につき1,500万円まで贈与税が非課税となるため、節税手段としても用いることが出来る商品です。

    結婚・子育て支援信託

    子供や孫の結婚のための資金を管理してくれる商品です。20歳以上50歳未満の個人が対象になっている商品で、結婚や子育ての際にかかった費用の領収書を提出し、それに応じた金額をあらかじめ信託されている財産から支払う形の商品です。結婚・子育てのための費用は1,000万円(結婚は300万円)まで贈与税がかからないため、節税のための手段としても有効な商品です。

  • 女性の働きやすさ、残業時間について

    厚生労働省の女性の活躍推進企業データベースによると、2016年4月の段階における女性社員(正社員)の割合は全体の42.6%となっています。対して、契約社員などの有期雇用社員の84.6%は女性となっており、こちらは女性が中心となっています。 なお、男女の平均継続勤務年数は無期雇用社員においては男性が16.5年、女性が13.3年となっています。また、有期雇用社員は男性が10.8年、女性が9.8年となっています。 ちなみに、1月当たりの平均残業時間は無期雇用社員で19.1時間、有期雇用社員で8.5時間、短時間労働者で1.6時間となっています。なお、すべての区分において時間外労働と休日出勤の合計は45時間未満です