home会社を探す第一三共株式会社
ダイイチサンキョウカブシキガイシャ

第一三共株式会社の評判・企業研究

location_on 〒103-8426 東京都中央区日本橋本町3-5-1
第一三共の評判・口コミ・企業情報を掲載。第一三共で働く現職社員、元社員(OBOG)からの投稿情報など、転職・就職・企業研究などでご活用ください。

    評価グラフ

    第一三共株式会社

    会社の特徴・将来性の企業研究・分析レポート


    企業の強み・弱み・将来性・組織、企業文化の特徴に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    第一三共株式会社

    会議数・生産性の企業研究・分析レポート


    社内MTGの良い点・悪い点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    第一三共株式会社

    上司との信頼関係の企業研究・分析レポート


    上司の良い点・悪い点・改善点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    第一三共株式会社

    同僚との関係性の企業研究・分析レポート


    同僚の良い点・悪い点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    第一三共株式会社

    入社理由・入社後の印象の企業研究・分析レポート


    入社理由・入社後のギャップ・やりがいに関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    第一三共株式会社

    退職・ストレスの原因の企業研究・分析レポート


    退職をどう防ぐかに関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。

    口コミ

    まだ口コミの投稿はありません。
  • 写真

    まだ写真の投稿はありません。
  • 会社の特徴と売上

    第一三共株式会社は武田薬品工業株式会社やアステラス製薬株式会社と並び、国内製薬業界での売上高においてトップクラスの位置を確保する製薬会社です。同社は三共株式会社と第一製薬株式会社が2005年の経営統合により設立され、両社の医療用医薬品事業を受け継いでいます。また、両社の一般薬品(大衆薬品)事業は第一三共ヘルスケア株式会社に移行されています。 第一三共株式の企業理念は「革新的医薬品を継続的に創出し、多様な医療ニーズにこたえる医薬品を提供することで、世界中の人々の健康で豊かな生活に貢献する」です。 この理念にもとづき、同社は血症治療薬の開発、心血管疾患の予防に役立つスタチンの発見、感染症に幅広く使用される抗生・抗菌製剤の開発などで成果を上げてきました。また、ワクチン、ジェネリック、一般医薬品などでの多様な医療ニーズへの対応、アンメットメディカルニーズの高いがんの治療薬の研究にも注力しています。 「イノベーションに情熱を。人に思いやりを」の精神のもとに、第一三共株式会社は国内だけでなく先進的・革新的な医薬品やサービスを世界20カ国以上に届けています。 そして、第一三共株式の社員にはグローバルな事業活動やイノベーションの実現のため、既存の方法や決まりごとに固執しない挑戦的な姿勢が求められています。 第一三共株式会社の2017年3月期の業績(連結)は売上高が9,551億2,400万円(前期比3.2%の減少)、営業利益は889億2,900万円(前期比31.8%の減少)です。また、税引前利益は877億8,800万円(前期比28.3%減少)で、親会社株主に帰属する当期純利益が534億6,600万円(前期比35.0%減少)となっています。

  • 主要事業・商品

    第一三共グループの事業は国内医薬品事業とグローバル医薬品事業に分けられています。

    国内医薬品事業

    この事業は、第一三共グループの収益の大きな柱となっている中心事業で、イノベーティブ医薬品、OTC医薬品、ワクチン、ジェネリック医薬品の分野で構成されてます。 イノベーティブ医薬品は収益の中核的な存在で、主要製品には経口抗凝固剤のリクシアナ、高血圧症治療剤のオルメテック、アルツハイマー型認知症治療剤のメマリーなどがあります。 OTC医薬品では、軽い風邪、発熱、頭痛、生理痛などの症状を緩和する一般用医薬品が扱われています。また、一般用医薬品に加え、スキンケア、オーラルケアや食品等の分野もヘルスケア事業として推進されているのです。主要製品は、総合感冒薬の新ルル AゴールドDX、解熱鎮痛薬のロキソニンSプレミアム、H2ブロッカー胃腸薬のガスター10、シミのケア用のトランシーノなどです。 ワクチンの分野では、グループ会社の北里第一三共ワクチン株式会社が新型インフルエンザワクチン開発・生産体制整備事業を担っています。第一三共株式は北里第一三共ワクチン株式会社の研究や生産活動を支援します。 ジェネリック医薬品の分野では、グループ会社の第一三共エスファ株式会社がオーソライズドジェネリックやプレミアムジェネリックを国内で提供しています。

    グローバル医薬品事業

    第一三共グループでは、世界各地の医療に関するさまざまなニーズを吸収し、そして反映するグローバル医薬品事業が展開されています。同グループの医薬品はアジア、ヨーロッパ、アメリカなど多くの国に提供されています。 グルーバル製品としては、高血圧症治療剤のオルメサルタン、抗血小板剤のプラスグレル、抗凝固剤のエドキサバンなどがあります。

  • 女性の働きやすさ、残業時間

    厚生労働省の「女性の活躍推進企業データベース」では第一三共株式会社の労働環境は、 2016年4月の更新データによると、労働者に占める女性の割合(正社員)は19.3%、また採用した労働者に占める女性の割合(正社員)は31%となっています。 男女の平均継続勤務年数(基幹的職種・正社員)では男性が18.5年、女性が14年です。厚生労働省「賃金構造基本統計調査」(2014年)の「一般労働者(正社員・正職員)の女性」の年数は 10.1 年で、第一三共株式会社のほうがより長期に勤務できています。

    平均残業時間

    ・一般社員(フレックスタイム制) 17.7時間 ・一般社員(裁量労働制) 19.6時間 ・契約社員(フレックスタイム制) 8.8時間

    一般社員の残業時間は、厚生労働省の毎月勤労統計調査(2016年)による事業所規模5人以上の事業所平均である10.8時間よりも多くなっています。 管理職に占める女性労働者の割合は、管理職全体(男女計) 2155人中114人の5.3%です。総務省「労働力調査(基本集計)」(平成26年)の「管理的職業従事者に占める女性の割合」は11.3%なので、第一三共株式会社の割合は少ないといえます。

    キャリア形成サポート

    第一三共株式では女性労働者がキャリアを形成しやすくするためのサポートが行われています。 ・育児休業期間が不利とならない昇進要件の設定 ・事情があり退職する社員の再雇用制度の導入 ・MRのエリア・時間限定勤務制度の導入

    また、同社では育児休暇取得後の円滑な職場復帰を実現するための研修、事業所内の保育所の運用など、育児と仕事の両立が可能となるための支援策がとられています。