home会社を探す株式会社千葉銀行
カブシキガイシャチバギンコウ

株式会社千葉銀行の評判・企業研究

location_on 〒260-8720 千葉県千葉市中央区千葉港1−2
千葉銀行の評判・口コミ・企業情報を掲載。千葉銀行で働く現職社員、元社員(OBOG)からの投稿情報など、転職・就職・企業研究などでご活用ください。

    評価グラフ

    株式会社千葉銀行

    会社の特徴・将来性の企業研究・分析レポート


    企業の強み・弱み・将来性・組織、企業文化の特徴に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    株式会社千葉銀行

    会議数・生産性の企業研究・分析レポート


    社内MTGの良い点・悪い点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    株式会社千葉銀行

    上司との信頼関係の企業研究・分析レポート


    上司の良い点・悪い点・改善点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    株式会社千葉銀行

    同僚との関係性の企業研究・分析レポート


    同僚の良い点・悪い点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    株式会社千葉銀行

    入社理由・入社後の印象の企業研究・分析レポート


    入社理由・入社後のギャップ・やりがいに関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    株式会社千葉銀行

    退職・ストレスの原因の企業研究・分析レポート


    退職をどう防ぐかに関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。

    口コミ

    まだ口コミの投稿はありません。
  • 写真

    まだ写真の投稿はありません。
  • 会社の特徴と売上

    千葉銀行は千葉県に本拠地を置く地方銀行です。地方銀行における総資産は業界内で第2位という規模を誇ります。また県外のみならず海外にまで支店を置き、地方に留まらない経営拡大を目指しています。これまで千葉県側の東京湾沿岸の工業地帯の開発や千葉県内陸部における工業団地へ融資を続けることで収益を上げてきた歴史をもつ、千葉県にとって無くてはならない地方銀行です。 2017年に公開された有価証券報告書によると、ここ5年ほどの連結経常収益はほぼ横ばいの約2,278億円、当期純利益は527億円となっています。なお総資産は14兆957億円と日本国内全体の企業から見ても有数です。2016年2月に実施されたマイナス金利の影響で、一時的に株価の値下げが起こったものの、その後は段々と上昇傾向にあり、地方銀行として磐石な態勢を築いています。

  • 主要事業・商品

    千葉銀行は個人と法人に向けた預金業務と貸付業務を事業として展開しています。特に法人向けの貸付業務では企業に大額の融資をし、その金利回収で利益を上げています。総資産額が14兆にも上ることから、融資対象企業の審査を厳密に行い、確実に回収できていることでしょう。 個人向けには、各種ローンのサービスを展開しています。教育ローン、住宅ローン、マイカーローン、リフォームローンなどその形は様々で、いずれも金利を乗せてお金を貸し出すという形式です。また、それぞれのローンはさらに細分化されている状況となっています。例えば住宅ローンには以下のような種類があります。

    がん保証付住宅ローン

    団体信用生命保険に加えがん保証特約をセットにした形式です。引受保険会社は「クレディ・アグリコル生命保険」という企業でフランスはパリに本拠地を置き国際的な金融事業と生命保険事業を営んでいます。

    ワイド団信付住宅ローン

    ワイド団信は、従来の団体信用生命保険の加入条件を緩和したものとなります。これまで審査に弾かれ生命保険に加入できなかった方を主に対象とした保険で、住宅ローンとセットとなった商品です。

    返済額指定方式、その他サービスについて

    住宅ローンでは従来、毎月決まった金額を完済まで払い続けるものですが、返済額指定方式では一定期間に支払う金額を自由に指定することが可能です。。 住宅ローン以外にも各種サービスを展開し、かつグループ企業の数も豊富です。債権回収や人材派遣、コンサルティングなど多岐に渡る事業を手がけています。

  • 女性の働きやすさ、残業時間

    千葉銀行は、2014年に「ダイバーシティ推進部」という女性のキャリア形成を目的とした部署を新設し、部長には女性を採用しました。同部門は人事部門と共に女性の労働環境の整備を目指し活動しています。それ以前から1986年には支店長に女性を任命したり2011年には女性活躍サポートチームを結成し産休取得、そして育児休業明けにおける女性のサポートをしてきたという歴史があります。 また、女性の管理職における数値目標としては2020年を期限として「リーダー職の女性比率を30%」ないし「管理職の女性比率を20%」にするということを掲げています。実際に女性管理職の登用数は平成18年時には僅か17人(2.0%)だったのですが平成28年時には92人(9.0%)となりました。