home会社を探す株式会社ニュー・オータニ
ニユーオータニ

株式会社ニュー・オータニの評判・企業研究

location_on 〒102-8578 東京都千代田区 紀尾井町4−1
ニュー・オータニの評判・口コミ・企業情報を掲載。ニュー・オータニで働く現職社員、元社員(OBOG)からの投稿情報など、転職・就職・企業研究などでご活用ください。

    評価グラフ

    株式会社ニュー・オータニ

    会社の特徴・将来性の企業研究・分析レポート


    企業の強み・弱み・将来性・組織、企業文化の特徴に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    株式会社ニュー・オータニ

    会議数・生産性の企業研究・分析レポート


    社内MTGの良い点・悪い点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    株式会社ニュー・オータニ

    上司との信頼関係の企業研究・分析レポート


    上司の良い点・悪い点・改善点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    株式会社ニュー・オータニ

    同僚との関係性の企業研究・分析レポート


    同僚の良い点・悪い点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    株式会社ニュー・オータニ

    入社理由・入社後の印象の企業研究・分析レポート


    入社理由・入社後のギャップ・やりがいに関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    株式会社ニュー・オータニ

    退職・ストレスの原因の企業研究・分析レポート


    退職をどう防ぐかに関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。

    口コミ

    まだ口コミの投稿はありません。
  • 写真

    まだ写真の投稿はありません。
  • 会社の特徴と売上

    「株式会社ニュー・オータニ」は国内にある3つの直営ホテルを含む、チェーンホテルを運営している会社です。 「株式会社ニュー・オータニ」の元となっているのが1963年に大谷米太郎によって設立された「大谷国際観光株式会社」。1964年に、現在チェーンホテルの中心となっている「ホテルニューオータニ」を開業しました。 翌年の1965年には商号を「株式会社ホテルニューオータニ」に変更。さらに、2000年には「株式会社ニューオータニ」に変更され、2012年に「株式会社ニュー・オータニ」となって現在に至っています。 売上高は2017年3月期で648億8,300万円です。

  • 主要事業・商品

    株式会社ニュー・オータニの主要事業は直営ホテルの運営、グループホテルの経営、関連サービスの提供です。

    直営ホテル

    国内で「ホテルニューオータニ」「ホテルニューオータニ大阪」「ホテルニューオータニ幕張」の3つのホテルを運営しています。この中でもチェーンホテルの中心となっているのが東京都千代田区紀尾井町にある「ホテルニューオータニ」。国際ホテルとして設立され、日本にあるホテルの「御三家」の一つです。「ホテルニューオータニ」では安全性を高めるために避難訓練の実施や耐震性の高い設計、スタッフによる防災時の安全確認などを行っています。また、環境へのやさしさと宿泊客の満足感を両立させるための「ハイブリッドホテルプロジェクト」を進行中。この一環として熱や紫外線をカットする「エコガラス」を使ったり、オリジナルの空調システムを導入したりするなど、二酸化炭素の削減にも取り組んでいます。

    グループホテル

    国内では「ホテルイタリア軒」や「ホテルニューオータニ長岡」「ホテルニューオータニ博多」など13のホテルの運営にかかわっています。また、海外にもグループホテルを展開。北京の「ホテルニューオータニ長富宮」、ホノルルの「ホテルニューオータニカイマナビーチホテル」を運営しています。

    関連サービス

    ホテルの関連サービスも提供しています。具体的にはオンラインストアでのスイーツやレトルト食品などの販売、ホテルの味をリーズナブルな価格で提供するグループレストランの運営など。さらに、「ホテルニューオータニ」内にある「ゴールデンスパ」や人材派遣会社「株式会社HSKニューオータニ」の運営や経営にも携わっています。

  • 女性の働きやすさ、残業時間

    公式ホームページに掲載されている情報によると2017年4月1日の時点で全社員1,786人のうち、男性が1,253人で女性が533人。よって全社員に占める女性数の割合は約29.8%です。過去3年間の採用人数は2014年度が男性11人、女性18人で2015年度が男性21人、女性18人。さらに2016年度は男性25人、女性34人。年度によって異なりますが、採用者数の男女差は大きくないといえるでしょう。 子育てと仕事を両立したい人は育児休業休暇制度も利用できます。2016年度の実績では全正社員と契約社員のうち、女性の育児休暇休業制度対象者は32人。このうち、実際に制度を利用した人は22人です。よって、女性社員の育児休暇休業制度利用率は約68.8%となっています。なお、男性も育児休暇休業制度を利用できますが、2016年度は取得対象者19人のうち、実際に育児休業休暇制度を利用した人は、まだ一人もいません。 残業時間は各職場で異なりますが、正社員、契約社員ともに時間外労働には手当が支給されます。なお、勤務時間も職場によってさまざまです。一日8時間、週40時間以内でのシフト勤務制ですが、繁忙期などは1か月の平均所定労働時間が週40時間以内の範囲で労働時間が変更されることがあります。