home会社を探す株式会社松屋
カブシキガイシャマツヤ

株式会社松屋の評判・企業研究

location_on 〒104-0061 東京都中央区銀座3-6-1
松屋の評判・口コミ・企業情報を掲載。松屋で働く現職社員、元社員(OBOG)からの投稿情報など、転職・就職・企業研究などでご活用ください。

    評価グラフ

    株式会社松屋

    会社の特徴・将来性の企業研究・分析レポート


    企業の強み・弱み・将来性・組織、企業文化の特徴に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    株式会社松屋

    会議数・生産性の企業研究・分析レポート


    社内MTGの良い点・悪い点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    株式会社松屋

    上司との信頼関係の企業研究・分析レポート


    上司の良い点・悪い点・改善点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    株式会社松屋

    同僚との関係性の企業研究・分析レポート


    同僚の良い点・悪い点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    株式会社松屋

    入社理由・入社後の印象の企業研究・分析レポート


    入社理由・入社後のギャップ・やりがいに関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    株式会社松屋

    退職・ストレスの原因の企業研究・分析レポート


    退職をどう防ぐかに関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。

    口コミ

    まだ口コミの投稿はありません。
  • 写真

    まだ写真の投稿はありません。
  • 会社の特徴・沿革

    株式会社松屋は銀座に本店を構える百貨店事業を営む企業です。1919年設立、本社を東京都中央区に置き、資本金は71億3,000万円、従業員数は542人です。「GINZA」を体現する「生活文化創造集団」を企業理念とし、経営方針は「顧客第一主義」。百貨店業を核に、飲食業およびこれらに関連するビル総合サービス及び広告業、輸入商品販売業などの事業を展開しています。 1869年に横浜で創業した鶴屋呉服店が前身で、1925年銀座3丁目に松屋呉服店を開業しました。以来、事業は拡大を続けてきましたが1970年代のオイルショックで一時経営難に陥り、伊勢丹と東急の支援を受けて経営を再建。現在は三越とともに銀座を代表する百貨店として知られています。 2019年に創業150周年を迎えるに当たり、新たに百貨店業のビジョンとして「銀座を極める 150」を掲げています。銀座での存在感を増し、熱烈な「松屋ファン」を増やすための施策を積極的に打ち出していることも特徴の一つです。

  • 主要事業・商品

    主要事業として「百貨店事業」「飲食事業」「ビル総合サービス及び広告事業」「輸入商品販売事業」があります。

    百貨店事業

    銀座の顔として知られる「銀座店」と、地元密着型の「浅草店」の2店舗が有名です。 銀座店は中長期計画を元に、個性的な百貨店「GINZA スペシャリティストア」を目指した改装を行い、買い回り性の向上を図っています。 浅草店では、入居する商業施設「EKIMISE」との相乗効果を発揮するような施策に取り組み、国内外の観光客を呼び込むような事業を展開しています。

    飲食事業

    ブライダル・レストラン事業を展開している松屋グループのアターブル松屋では、「東京大神宮マツヤサロン」「銀座ブロッサム」など8ヵ所のブライダル施設を展開。 レストラン事業では、名古屋のイタリア料理店「エノテーカ ピンキオーリ 名古屋店」東京の「トラットリア イプリミ ギンザ」「イ プリミ品川店/日本料理 松鶴」3店舗を展開しています。

    ビル総合サービス及び広告事業

    グループ会社の株式会社CBKにて、ビルのメンテナンスや広告事業を展開しています。

    輸入商品販売事業

    グループ会社の株式会社スキャンデックスにて、北欧関連リビング商品の輸入販売事業を行っています。主力ブランドは「イッタラ」で、デンマークの子供家具ブランド「リエンダー」の売上も順調に伸びてきています。

  • 女性の活躍状況

    厚生労働省の「女性の活躍推進企業データベース」によれば、2015年度時点のデータは以下の通りです。 採用した女性の割合は63.2%、全体の労働者に占める女性の割合は48.6%。2014年から2016年の合計では男性29人の採用に対して女性は32人の採用と、女性を積極的に採用しています。 女性の管理職登用状況については、役職についている女性の割合は11.8%、役員に占める女性の割合は7.7%(男女合計13人中1人)です。 平均勤続年数は、男性20.6年・女性19.9年、育児休暇取得率は、男性0%・女性100%となっています。また、有給休暇の平均取得日数は、2016年2月の実績で6.7日です。 代表的な取り組みとしては、女性を積極的に管理職へ登用する「ポジティブアクション」があります。また、最長3年間取得可能な育児休暇も特徴的な取り組みです。育児休業が終わった後も、小学4年生までは育児のための短時間勤務ができます。 また、小さな頃は体調を崩しやすい子どものために、子の看護休暇を年間で5日取得できるなど、育児を支援する制度が充実しています。