home会社を探す株式会社ジェーシービー
カブシキガイシャジェーシービー

株式会社ジェーシービーの評判・企業研究

location_on 〒107-0062 東京都港区南青山5-1-22青山ライズスクエア
ジェーシービーの評判・口コミ・企業情報を掲載。ジェーシービーで働く現職社員、元社員(OBOG)からの投稿情報など、転職・就職・企業研究などでご活用ください。

    評価グラフ

    株式会社ジェーシービー

    会社の特徴・将来性の企業研究・分析レポート


    企業の強み・弱み・将来性・組織、企業文化の特徴に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    株式会社ジェーシービー

    会議数・生産性の企業研究・分析レポート


    社内MTGの良い点・悪い点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    株式会社ジェーシービー

    上司との信頼関係の企業研究・分析レポート


    上司の良い点・悪い点・改善点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    株式会社ジェーシービー

    同僚との関係性の企業研究・分析レポート


    同僚の良い点・悪い点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    株式会社ジェーシービー

    入社理由・入社後の印象の企業研究・分析レポート


    入社理由・入社後のギャップ・やりがいに関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    株式会社ジェーシービー

    退職・ストレスの原因の企業研究・分析レポート


    退職をどう防ぐかに関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。

    口コミ

    まだ口コミの投稿はありません。
  • 写真

    まだ写真の投稿はありません。
  • 会社の特徴と売上

    株式会社ジェーシービー(略称:JCB)は、クレジットカード事業を中心に事業を営む、日本のクレジットカード会社です。JCBのロゴ(エンブレム)は、3色(青、赤、緑)で成り立っており、色の意味合いはそれぞれ「青=責任感」「赤=活力感」「緑=親近感」とされています。 JCBカードは、日本発、唯一の国際カードブランドとして、1981年に国際展開が始まりました。2016年3月末現在、190の国と地域に展開され、海外加盟店数は2,106万点、海外会員数は2,185万会員を有しています。 また、日本で唯一3つの役割を持ったカード会社といわれており、「イシュアーとして会員を募集、カードを発行する」「アクワイアラーとしてカードや電子マネーが使える加盟店を開拓する」「ブランドホルダーとして、JCBカード利用環境・インフラを整える。また大手金融機関を提携し、カードを世界中に届ける」、としています。 それを支えるのが4,000名を超える従業員たちです。 2015年度の年間取扱高は25兆5,000億円、営業収益は2,692億円で、当期純利益は173億円となっています。それを支える会員数は、2016年9月末現在で全世界延べ約1億人(うち国内は7,757万人)、取扱店契約数は3,192万件(うち国内は1,010万件)です。 EC市場での決済が今や取扱高の40%を占めており、またアジアを中心に会員や加盟店の拡大が続いています。

  • 主要事業・商品

    クレジットカード業務、それに関する受託業務、融資業務、信用保証業務、集金代行業務等を中心に、いわゆる「会員を獲得する」「加盟店を獲得する」「会員にカードを利用してもらう」「加盟店の利用環境を整える」が主な事業内容になります。

    「ブランド統括部門」の内容

    日本国内・海外でのブランドライセンス事業を行っています。ブランドライセンス事業の展開先は、日本の場合はカード会社、金融機関となり、JCBカード発行に関するブランドライセンスを展開しています。海外ではローカルエリアの決済ネットワーク構築、他ブランドとの提携などを通じて加盟店網の拡大を行っています。

    「カード事業統括部門」の内容

    JCBカード「クレジットカード」「プリペイドカード」「デビットカード」の3種類で、地域特性やパートナーニーズに対応しています。また、法人カード(JCBコーポレートカード)の提供や、会計業務の効率化を提供する企業向け決済ソリューションの提供も行っています。

  • 会社の沿革・今後の展望

    純国産のクレジットカードであるJCBがこの世に登場したのは1961年でした。 現金支払い主義が強い日本社会の中で、マーケットを切り開く先駆者として、先んじて展開されていたアメリカに学んでいました。 今ではなじみ深い「JCBギフトカード」の誕生は1980年。百貨店商品券のような、その百貨店でしか使えない商品券ではなく、カード加盟店ならどこでも使える商品券は、JCB社員のアイデアによって誕生しました。 全体取扱高の40%以上を占める「EC決済」の増加と、アジア圏での展開拡大が、総取扱高拡大に寄与しそうです。また、訪日外国人向けの対応を意識し、政府が「地方のキャッシュレス化」を成長戦略に置いています。地方のキャッシュレス化を推進するためには、カードや電子マネーの普及及びフォローアップが重要になってきそうです。