home会社を探す株式会社あおぞら銀行
カブシキガイシャアオゾラギンコウ

株式会社あおぞら銀行の評判・企業研究

location_on 〒102-8660 東京都千代田区九段南1-3-1
あおぞら銀行の評判・口コミ・企業情報を掲載。あおぞら銀行で働く現職社員、元社員(OBOG)からの投稿情報など、転職・就職・企業研究などでご活用ください。

    評価グラフ

    株式会社あおぞら銀行

    会社の特徴・将来性の企業研究・分析レポート


    企業の強み・弱み・将来性・組織、企業文化の特徴に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    株式会社あおぞら銀行

    会議数・生産性の企業研究・分析レポート


    社内MTGの良い点・悪い点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    株式会社あおぞら銀行

    上司との信頼関係の企業研究・分析レポート


    上司の良い点・悪い点・改善点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    株式会社あおぞら銀行

    同僚との関係性の企業研究・分析レポート


    同僚の良い点・悪い点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    株式会社あおぞら銀行

    入社理由・入社後の印象の企業研究・分析レポート


    入社理由・入社後のギャップ・やりがいに関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    株式会社あおぞら銀行

    退職・ストレスの原因の企業研究・分析レポート


    退職をどう防ぐかに関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。

    口コミ

    まだ口コミの投稿はありません。
  • 写真

    まだ写真の投稿はありません。
  • 会社の特徴と売上

    1957年4月に「日本不動産銀行」としてこの世に生まれた「あおぞら銀行」ですが、1990年代後半に一度、事実上倒産しています。当時の名称は「日債銀信託銀行」。1977年の名称変更後、約20年後のことでした。公的資金の注入により延命しましたが、3,200億円もの巨額の資金はデフレ経済のなか、なかなか返済が進みませんでした。 しかし安定した経営と株価の上昇で、2022年までの分割だった返済を2015年6月に前倒し返済し、現在は独り立ちしています。当時の一括返済額は1,639億円でした。 2017年3月期の決算では、経常収益が1,347億円で、対前年比+8.6%となりました。一方経常利益は7.1%の減収ですが、500億円以上の安定利益を上げているため大きな問題ではなさそうです。 2017年6月に発表された「基本方針の策定」には、一にも二にも「お客様本位」がうたわれており、それは公的資金によって再生を遂げた銀行努力の現れのようにも映ります。

  • 主要事業・商品

    あおぞら銀行では金融事業を4つのグループに分け、それぞれ特化した金融形態を作り出しています。

    個人営業グループ

    個人のお客様に対する資産運用が中心のグループです。子会社の「あおぞら証券株式会社」、「あおぞら投信株式会社」の提供する幅広い金融商品で、個人のお客様の資産形成に一役買います。

    法人営業グループ

    事業者への金融と金融業者への金融との二本立てでの商品提供となっており、パートナーバンクとして経営や事業そのものへの助言などを含め、高品質な金融ソリューションを展開しています。

    スペシャライズドバンキンググループ

    いわゆる「担保金融」ですが、「あおぞら銀行」の前身が「日本不動産銀行」であることから、不動産ファイナンスは得意中の得意です。国際業務課もあるのですが、やはり不動産担保金融では経験が必要です。「あおぞら銀行」では長年の経験で変化に富んだ市場環境を的確につかみ、リスクに見合う安定した案件を積み上げています。

    ファイナンシャルマーケッツグループ

    株や先物取引などを含むデリバティブ業務に、それと連動してALM(Asset Liability Management)業務によりリスク管理(資産・負債の総合管理)まで行っています。

  • 女性の働きやすさ、残業時間について

    あおぞら銀行のホームページに「女性従業員の活躍推進」が取り上げられています。 まず目を引くのが、あおぞら銀行では女性の平均勤続年数が男性のそれを上回っていることです。2017年3月末現在で女性14.75年に比べ、男性14.37年とわずかですが女性の勤続年数の方が上回っています。2014年に逆転してからは、年々その差は大きくなっており、女性が長く勤めやすい企業であるといえそうです。 採用比率は、2012年度では男性対女性の採用者比率が約7対3であったのに対し、毎年女性の採用比率が伸び続けています。2016年度では、女性の採用者比がわずかながら男性を上回りました。 「管理職に占める女性比率」は2017年現在10.1%となっています。しかし、厚生労働省の発表している「産業ごとの女性管理職割合の平均」で見る金融・保険業の平均値の9.0%と比較すると、それを上回っています。