home会社を探す住友生命保険(相)
スミトモセイメイホケン

住友生命保険(相)の評判・企業研究

location_on 〒540-8512 大阪府大阪市 中央区 城見1丁目4−35
住友生命保険(相)の評判・口コミ・企業情報を掲載。住友生命保険(相)で働く現職社員、元社員(OBOG)からの投稿情報など、転職・就職・企業研究などでご活用ください。

    評価グラフ

    住友生命保険(相)

    会社の特徴・将来性の企業研究・分析レポート


    企業の強み・弱み・将来性・組織、企業文化の特徴に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    住友生命保険(相)

    会議数・生産性の企業研究・分析レポート


    社内MTGの良い点・悪い点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    住友生命保険(相)

    上司との信頼関係の企業研究・分析レポート


    上司の良い点・悪い点・改善点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    住友生命保険(相)

    同僚との関係性の企業研究・分析レポート


    同僚の良い点・悪い点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    住友生命保険(相)

    入社理由・入社後の印象の企業研究・分析レポート


    入社理由・入社後のギャップ・やりがいに関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    住友生命保険(相)

    退職・ストレスの原因の企業研究・分析レポート


    退職をどう防ぐかに関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。

    口コミ

    まだ口コミの投稿はありません。
  • 写真

    まだ写真の投稿はありません。
  • 会社の特徴と売上

    住友生命保険相互会社は1907年からの歴史をもち、現在は大阪と東京に本社を置いています。相互会社とは保険業法に基づく組織形態で、剰余金の分配がない保険に加入している契約者を除き、契約者が社員となります。そして、社員のなかから選ばれた総代が構成する総代会を設置しています。 2016年3月末現在、42,245名と多数の社員が働いている大企業で、77支社と1,404支部の営業拠点を置き、日本全国において広く事業展開しています。また総資産は27兆6,415億円であり、生命保険大手といえる規模です。2015年度の保険料等収入は3兆220億円、保険金等支払金は2兆4,775億円であり、収益は順調に推移しています。 経営の健全性を示すソルベンシー・マージン比率は835.4%であり、金融庁「ソルベンシー・マージン比率の概要について」において、保険金等の支払能力が充実しているとされている200%を大きく上回っています。 同社は「スミセイ」の略称で親しまれ、歴史ある住友ブランドを象徴する菱形のマークを取り入れたロゴを採用しています。オリンピックなどで活躍し、現在はプロスケーターの浅田真央さんをブランドパートナーとして、CMを放送しています。

  • 主要事業・商品

    住友生命保険の保有契約高は、個人保険が84兆193億円で、団体保険が31兆5,591億円と、個人保険のほうが多くなっています。保有契約年換算保険料の約4分の1を生前給付保障と医療保障等が占め、2011年度から2015年度において以降順調に推移しています。

    総合保障

    「ワンアップ」では死亡保障や医療保障に加え、ケガや病気で就労できない状態になったときや介護状態が続いたときの保障も準備できます。「LiVカード」という特定重度生活習慣病保障特約や、救Q隊GO(ジーオー)といった医療保障特約が豊富です。

    医療保険

    「ドクターGO」は日帰り入院、長期入院、外来手術、放射線治療などに幅広く対応し、保障対象となる手術の種類が豊富です。また「千客万頼」では告知項目が緩和されており、健康上の理由で他の医療保険に加入できない方でも加入できる可能性があります。

    終身保険、その他

    「バラ色人生」など、解約返戻金が低く設定されているかわりに、保険料が低減されているタイプもあります。 これらのほか、個人年金保険や学資保険などを提供し、銀行でも販売されています。またインターネットで一部の手続きを行うことができる「スミセイダイレクトサービス」を提供しており、出金取引などが便利です。法人向け商品としては、社員に支払う弔慰金や死亡退職金に備える保険などを提供しています。

  • 女性の働きやすさ、残業時間

    女性の活躍推進企業データベースによると、営業職員の98.2%は女性であり、事務系職員より高く、女性が働きやすい職種といえます。そして、管理職に占める女性労働者の割合は33%と、金融業・保険業における2016年7月1日~翌年5月31日の平均値である8.0%を大幅に上回っており、女性が長く活躍しています。また、住友生命保険の中途採用実績は女性が3,191人と多く、一度退職した女性も働きやすい会社といえます。  同社は短時間勤務などの育児支援制度などを設けており、2015年に、次世代育成支援対策推進法に基づく認定「プラチナくるみん」を取得しました。プラチナくるみん認定を受けた企業は、2017年3月末時点で118社ですから、住友生命保険は育児と仕事の両立しやすさにおいて先駆けているといえます。利用者が多い制度は小学生未満の子ども養育又は家族の介護を理由とする休暇で、2016年度には1226人が利用しました。そのほか看護休暇があるなどワーク・ライフ・バランスを実現しています。  住友生命保険に勤務する正社員の1月あたり残業時間は平均9.5時間であり、厚生労働省の勤労統計で示されている全産業の平均残業時間より1時間以上少なくなっています。