home会社を探す北野建設株式会社
キタノケンセツカブシキガイシャ

北野建設株式会社の評判・企業研究

location_on 〒104-8116 東京都中央区銀座1-9-2
北野建設の評判・口コミ・企業情報を掲載。北野建設で働く現職社員、元社員(OBOG)からの投稿情報など、転職・就職・企業研究などでご活用ください。

    評価グラフ

    北野建設株式会社

    会社の特徴・将来性の企業研究・分析レポート


    企業の強み・弱み・将来性・組織、企業文化の特徴に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    北野建設株式会社

    会議数・生産性の企業研究・分析レポート


    社内MTGの良い点・悪い点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    北野建設株式会社

    上司との信頼関係の企業研究・分析レポート


    上司の良い点・悪い点・改善点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    北野建設株式会社

    同僚との関係性の企業研究・分析レポート


    同僚の良い点・悪い点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    北野建設株式会社

    入社理由・入社後の印象の企業研究・分析レポート


    入社理由・入社後のギャップ・やりがいに関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    北野建設株式会社

    退職・ストレスの原因の企業研究・分析レポート


    退職をどう防ぐかに関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。

    口コミ

    まだ口コミの投稿はありません。
  • 写真

    まだ写真の投稿はありません。
  • 会社の特徴・沿革

    北野建設株式会社は、国内外における建設工事の企画、設計、施工管理からコンサルティングまでトータルに行っている企業です。1946年設立で、長野本社を長野県長野市に、東京本社を東京都中央区に置いています。資本金は91億1,649万円、従業員数は498人です。「顧客の信頼を第一義に考え、高品質・高付加価値なものづくりに徹しする」ことを企業理念としています。地域や都市、リゾートの開発や、海外のホテル、劇場、スポーツ施設の経営を行っています。また、再生可能エネルギー事業も手掛けています。 1946年に北野建築工業株式会社という名称でスタートし、1948年に現在の北野建設株式会社に社名を変更しました。1971年には株式会社長野東急エージェンシー(現アサヒエージェンシー)を設立。1981年に東京証券取引所第一部へ指定されました。また、2014年から太陽光発電事業(川中嶋太陽光発電所)をスタートしています。

  • 主要事業・商品

    主要事業として「開発・経営事業」「太陽光発電事業」があります。

    開発・経営事業

    「CFT構造建築システム」を使った建築を行なっています。鋼管柱に高強度コンクリートを充填する建築システムで、同じ性能の鉄骨よりも柱を小さくすることができます。耐震性や耐火性の高い建物を建てることが可能なため、国内外の高層建築や公共施設、公官庁施設などに活用されています。 「アイスアリーナ結露防止システム」は、夏季に天井が結露してしまうという問題点に着目したシステムです。壁面や天井に暖気を送って結露を防ぎ、床は滑走に最適な氷点下気候を維持することを可能にしました。また、北野建設株式会社の「融雪装置」は大規模な屋根でも全体を融雪することが可能です。 また、「ビル風簡易予測システム」は、パソコンで気象データと実験データを解析することにより中小規模のビルを建設する際にも、シミュレーションすることが可能となりました。ビルの建設によって風がどう変化するのか、どの位置に影響が出やすいかを予測することができます。 ほかにも「耐震診断・改修システム」による災害に強い街づくりの支援や、「土壌汚染浄化システム」による環境への配慮を行っています。2001年に環境ISOを取得しており、工事における建設廃棄物のリサイクル率の向上やCO2の排出量削減に努めています。

    太陽光発電事業

    経済産業省から「再生可能エネルギー発電設備の設置に関する認定」を受けています。2014年にグループ会社である川中嶋カントリークラブ施設の一部を利用して、「川中嶋太陽光発電所」を建設しました。太陽光発電による、再生可能エネルギーの普及に貢献しています。

  • 女性の活躍状況

    厚生労働省の「女性の活躍推進企業データベース」によれば、採用した女性の割合は総合職7%・一般職100%、全体の労働者に占める女性の割合は、総合職6%・一般職100%となっています。役職に占める女性の割合は、係長級2%・管理職1%・役員9%です。 平均勤続年数は、総合職は男性17.5年・女性8.8年で、一般職の女性は9.4年です。育児休暇取得率は、一般職の女性が100%、平均残業時間は総合職で55.7時間、一般職は7.2時間となっています。

    ・女性活躍推進法に基づく行動計画 (平成28年度から平成33年度まで)

    【目標】 「女性社員の勤続年数を5年後までに10年超とする」 【取り組み内容】 「平成28年より、コース転換制度の積極的活用をし、育児等による短時間勤務の利用に対する公平な評価の実施を行う」 【目標】 「採用した社員に占める女性社員の割合を5年後までに、3割程度まで(5年間の平均値)引き上げる」 【取り組み内容】 「平成28年より、社内女性社員の働き方について㏋等を通じた積極的な広報を実施する。新卒採用において、事務系女性総合職の採用告知の拡大を行う」 ※但し、男女雇用機会均等法違反とならないよう性別に関係なく採用・勤務環境に配慮する