home会社を探すキヤノン電子株式会社
キヤノンデンシカブシキガイシャ

キヤノン電子株式会社の評判・企業研究

location_on 〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-10
キヤノン電子の評判・口コミ・企業情報を掲載。キヤノン電子で働く現職社員、元社員(OBOG)からの投稿情報など、転職・就職・企業研究などでご活用ください。

    評価グラフ

    キヤノン電子株式会社

    会社の特徴・将来性の企業研究・分析レポート


    企業の強み・弱み・将来性・組織、企業文化の特徴に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    キヤノン電子株式会社

    会議数・生産性の企業研究・分析レポート


    社内MTGの良い点・悪い点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    キヤノン電子株式会社

    上司との信頼関係の企業研究・分析レポート


    上司の良い点・悪い点・改善点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    キヤノン電子株式会社

    同僚との関係性の企業研究・分析レポート


    同僚の良い点・悪い点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    キヤノン電子株式会社

    入社理由・入社後の印象の企業研究・分析レポート


    入社理由・入社後のギャップ・やりがいに関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    キヤノン電子株式会社

    退職・ストレスの原因の企業研究・分析レポート


    退職をどう防ぐかに関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。

    口コミ

    まだ口コミの投稿はありません。
  • 写真

    まだ写真の投稿はありません。
  • キヤノン電子株式会社について

    1. 目次

    2. 会社の特徴・沿革
    3. 主要事業・商品
    4. 女性の活躍状況
  • 会社の特徴・沿革

    キヤノン電子株式会社は、埼玉県秩父市と東京都港区に本社を置く、精密機械器具等の開発・生産・販売を行っている会社です。従業員数は2017年6月時点で単独1,712名、連結4,117名。坂巻久氏が代表取締役を務めています。 坂巻社長は、業績を向上させるために、社内から椅子をなくしたことで有名。社長室から生産部門に至るまでそれを徹底し、「椅子とパソコンをなくせば会社は伸びる!」という著書も発表しています。このような奇抜な方策を講じることで、社内に劇的な変化をもたらした人物として知られています。会社の始まりは1954年。埼玉県秩父市に創業された株式会社秩父英工舎がキヤノン電子の前身です。1964年に現在の社名に変更。東京営業所を開設しました。1971年には大阪営業分室を開設。1981年には東証二部に上場しました。1998年には、東証一部に上場。現在では、株式の53%をキヤノンが保有しています。 国内拠点は、東京本社の他、秩父事業所、美里事業所、赤城事業所を展開しています。海外拠点は、マレーシアとベトナムに拠点を所有。主なグループ会社には、キヤノン株式会社の他、キヤノンマーケティングジャパン、キヤノンU.S.A.、キヤノンヨーロッパ、キヤノン電子ビジネスシステムズがあります。

  • 主要事業・商品

    キヤノン電子の主な商品は以下の通りです。

    コンポーネント

    デジタルカメラやATM、自動改札などに使われている小型部品を製造しています。小型ステッピングモータと呼ばれる、カメラのフォーカスやズームなどのアクチュエータ用として需要の高い直径6mmのモータ。従来の構造を追求し、高速化を実現しました。キヤノン電子が独自に開発したTMFセンサと呼ばれる、高周波駆動型の磁気センサ素子も主力製品のひとつです。ATMや自動販売機のポイントカードリーダーライタや、紙幣識別ユニットに使われる産業用磁気ヘッドも製造しています。

    ドキュメントマネジメント機器

    ドキュメントスキャナーとネットワークスキャナーも製造。ドキュメントスキャナーは、かばんに入る小型のものから、卓上型まで幅広いラインナップを揃えています。ネットワークスキャナーは、PCでの操作不要で、スキャンデータをネットワークで送信可能。官公庁や医療機関など幅広い業種で、紙文書の電子化を推進する機器としてニーズに応えています。

    小型FA機器

    小型電動射出成形機のLSシリーズと、小型三次元加工機のMF-150A MarkⅡを製造。LSシリーズは、世界最小クラスを実現した省スペース設計が特徴です。製MF-150A MarkⅡは、居室へも設置可能な100V稼動の三次元加工機。小型化を実現させたことで、精度の高い加工も可能となりました。

    携帯情報端末機器

    プリンタ一体型ハンディターミナル、プリンタ別体型ハンディターミナル、決済用の各種端末も製造。高度なセキュリティ性能が求められるクレジット決済の現場で、多く採用されています。

    セキュリティ

    企業に蓄積されている機密や重要情報を守るための、セキュリティ商材も開発。守りたいデータの種類や、企業の規模に合わせて豊富な商品ライナップを用意しています。

  • 女性の活躍状況

    キヤノン電子には、産前産後休暇制度と育児休職制度があります。女性社員の90%が育児休職制度を利用。仕事を続けながら、子育てをしています。介護休職制度もあり、介護が必要になった場合、最長1年間休職することが可能です。管理職における女性の割合は1.6%。自覚・自発・自治を指すキヤノングループの行動指針「三自の精神」を軸に、様々な制度が整えられています。役割・能力・成果という3つの要素をもとに、給与が算出される賃金制度を導入。毎年、直属の上司との面談がセッティングされ、自己評価と目標設定を行う自己開発制度も設けられています。職場でグループを結成し、テーマを策定、1つのテーマについて3~4ヶ月で改善活動を行っていくテーマチャレンジ活動も推進。目標を達成できれば、部門発表大会で表彰されることもあります。キヤノン電子では「健康第一主義」を人事理念に掲げており、社員の健康を守るため、健康管理室を設置したり、健康診断を実施したり、様々な方策を実施。月間の残業時間は約33.7時間です。稼働日を20日とすると、1日当たり、約1.7時間。17時が定時退社時間のため、19時には退社している人が多い環境です。年間の休日数は123日で、週休2日と春・夏・年末年始に9日間の連休を制定しています。年次有給休暇の有効期限は3年で、有給休暇の消化率は24.5%。在職年数に応じて毎年有給休暇が付与され、最高20日まで付与されます。