home会社を探す東京急行電鉄株式会社
トウキョウキュウコウデンテツカブシキガイシャ

東京急行電鉄株式会社の評判・企業研究

location_on 〒150-0036 東京都渋谷区南平台町5-6
東京急行電鉄の評判・口コミ・企業情報を掲載。東京急行電鉄で働く現職社員、元社員(OBOG)からの投稿情報など、転職・就職・企業研究などでご活用ください。

    評価グラフ

    東京急行電鉄株式会社

    会社の特徴・将来性の企業研究・分析レポート


    企業の強み・弱み・将来性・組織、企業文化の特徴に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    東京急行電鉄株式会社

    会議数・生産性の企業研究・分析レポート


    社内MTGの良い点・悪い点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    東京急行電鉄株式会社

    上司との信頼関係の企業研究・分析レポート


    上司の良い点・悪い点・改善点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    東京急行電鉄株式会社

    同僚との関係性の企業研究・分析レポート


    同僚の良い点・悪い点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    東京急行電鉄株式会社

    入社理由・入社後の印象の企業研究・分析レポート


    入社理由・入社後のギャップ・やりがいに関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    東京急行電鉄株式会社

    退職・ストレスの原因の企業研究・分析レポート


    退職をどう防ぐかに関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。

    口コミ

    まだ口コミの投稿はありません。
  • 写真

    まだ写真の投稿はありません。
  • 会社の特徴と売上

    東京急行電鉄株式会社(東急電鉄)は、1918年創業の「田園都市株式会社」から鉄道部門が独立し、「目黒蒲田電鉄株式会社」として1922年にスタートしました。その後電鉄会社との吸収合併や分離を繰り返し、商号を変えながら「東京急行電鉄」は現在の事業の基礎を形成してきました。 「沿線開発と不動産事業の推進」は「東京急行電鉄」設立当初からの事業テーマですが、新しいライフスタイルやワークスタイルを提案する「生活サービス事業」も充実しています。 2017年3月期に公表された連結経営成績では、営業収益が1兆1,173億5,100万円で、前年の同期と比べて2,4%増、営業利益は779億7,400万円で同3,3%増、経常利益は764億4,900万円の9,2%増となりました。主な理由として「不動産賃貸事業」の安定や、「映像事業」を手掛ける「東急レクリエーション」を連結子会社化したこと、支払利息が減少したことなどが挙げられます。

  • 主要事業・商品

    鉄軌道事業

    「東京急行電鉄」の主軸である「鉄軌道事業」では、常に乗客の安全確保と利便性の向上に努めています。沿線の住民だけでなく、他社線からの相互直通運転で、沿線外からの集客にも積極的に取り組んでいます。鉄道は「東横線」や「田園都市線」など8路線を運行するほか、路線バスや空港連絡バス、深夜バスや高速バスの運行も行っています。

    都市開発事業

    沿線の再開発を手掛け、地域のブランディングを図るのも「東京急行鉄道の」仕事です。「渋谷ヒカリエ」以降、現在も進行中の渋谷駅周辺の再開発プロジェクトや、「二子玉川ライズ」の開業で完成した二子玉川東地区の再開発などを手掛けてきました。また、オフィスビルの賃貸運営や、商業施設の開発及び運営、沿線地域の活性化も事業に含まれています。

    生活サービス事業

    東急グループが提供する商品やサービスを活用し、快適なライフスタイルへと推進させることを目的とした事業です。当事業の核となるのは「リテール事業」で、こだわりを持った消費者に向けて、地域性を持った特別感のある商品やサービスを届けています。また、沿線に保育園やフィットネススタジオを設置したり、法人向けに光ファイバーケーブルを敷設する「光インフラ事業」、「ケーブルテレビ事業」も展開しています。

    ホテル・リゾート事業

    関連子会社「東急ホテルズ」の管轄で、全国42ホテルの運営と15カ所の会員制リゾート施設、6カ所のゴルフ場を運営するゴルフ事業を手掛けています。また、ハワイにゴルフコースやスパを併設した「マウナ・ラニ・リゾート」を展開しています。

    国際事業

    東急沿線開発で得たノウハウを、海外での街づくりにも活用する事業です。ベトナム・ビンズン省では、日本企業として最大規模となる110ヘクタールの新都市開発を展開。高層マンションや商業施設運営のほか、現地で路線バス運行にも携わっています。タイでは日本人向け賃貸住宅事業を、西オーストラリアでは宅地開発・販売事業と、順調に事業領域を広げています。

  • 女性の働きやすさ、残業時間

    ダイバーシティという言葉が聞かれるようになる30年近く前より、東京急行電鉄では積極的に女性の採用・配属に取り組んできました。2001年より、男性職員のイメージが強い駅での勤務などの現場の仕事にも、女性正社員が採用されるようになっています。 また「仕事と家庭の両立支援」に尽力し、スライド勤務態勢や病児保育の支援を構築してきた結果、女性社員の育児休暇後の復職率が確実に高くなりました。「女性目線」が必要とされる職場環境を整え、女性が活躍できる場を推進してきたこと、そして女性リーダー育成への動きも活発であることも理由として考えられます。 そして2015年に成立した「女性活躍推進法」への取り組みとして、女性管理職を2014年度の20人から、2020年度までには倍の40人を登用することを目標にしています。 妊娠や育児・介護中の社員には、在宅勤務制度を導入することで、多様な働き方の提案も怠っていません。また育児休職取得可能期間の延長が可能になり、男性社員の育児休暇取得率アップを推進するなど、「次世代育成支援対策推進法」に基づいた行動計画にも取り組んでいます。 月の平均残業時間は、32.1時間と決して少ない数字とはいえないですが、健全なワークライフバランスを保つために、毎水曜と金曜は、所定時間外労働を原則禁止とする「省エネルギー家庭の日」を設けています。これまで時間外及び休日出勤が免除されてきたのは育児中などの一部の社員に限られていましたが、その対象の拡充も視野に入れています。一方で過重労働を防ぐためのセミナーを開催し、管理職の意識改革に向けた研修も実施される予定です。