home会社を探すキユーピー株式会社
キユーピーカブシキガイシャ

キユーピー株式会社の評判・企業研究

location_on 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-4-13
キユーピーの評判・口コミ・企業情報を掲載。キユーピーで働く現職社員、元社員(OBOG)からの投稿情報など、転職・就職・企業研究などでご活用ください。

    評価グラフ

    キユーピー株式会社

    会社の特徴・将来性の企業研究・分析レポート


    企業の強み・弱み・将来性・組織、企業文化の特徴に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    キユーピー株式会社

    会議数・生産性の企業研究・分析レポート


    社内MTGの良い点・悪い点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    キユーピー株式会社

    上司との信頼関係の企業研究・分析レポート


    上司の良い点・悪い点・改善点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    キユーピー株式会社

    同僚との関係性の企業研究・分析レポート


    同僚の良い点・悪い点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    キユーピー株式会社

    入社理由・入社後の印象の企業研究・分析レポート


    入社理由・入社後のギャップ・やりがいに関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    キユーピー株式会社

    退職・ストレスの原因の企業研究・分析レポート


    退職をどう防ぐかに関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。

    口コミ

    まだ口コミの投稿はありません。
  • 写真

    まだ写真の投稿はありません。
  • 会社の特徴と売上

    日本で初めてマヨネーズの製造販売を開始した「キユーピー」。主力商品のマヨネーズ、ドレッシングのほか、調味料、ジャムなど多くの商品を取り扱っている食品メーカーです。1919年に「食品工業株式会社」の名で設立、1925年にはキユーピーブランドとして国内初のマヨネーズを誕生させました。1932年にはアヲハタブランドのマーマレード、ジャムが発売されています。1957年に「キユーピー株式会社」へと会社名を変更。2016年11月時点でのグループ会社は、国内海外合わせ60社に上ります。 「キユーピー」のマヨネーズ、ドレッシング販売数は、国内シェアトップを誇ります。現在では、調味料事業のみならず、タマゴ事業、ファインケミカル事業など、多彩な方面に事業展開しています。市場を海外にも広げ、商品を提供している国は、中国や東南アジア地域を中心に9ヵ国にのぼります。 近年の売上高の推移を見ると、2014年度においては5,534億円、2015年5,497億円、2016年度5,523億円とほぼ横ばいになっています。2016年度の経常利益は3,136億円となり、前年度の2,722億円から増加しています。

  • 主要事業・商品

    キユーピーが良い商品作りのために大切にしているのは良い材料から、という考え方。マヨネーズ、ドレッシング製造で培われた技術を基盤にし、6つの分野を柱にして各事業を発展させています。

    調味料事業

    国内1位のシェアを持つマヨネーズ、ドレッシング商品などを扱っています。家庭用から業務用まで販売し、容器の改良工夫も重ねています。マスタードやタルタルソース類もこの事業内です。

    タマゴ事業

    マヨネーズの原料でもあるタマゴを取り扱う技術を活かした事業分野です。「キユーピー」が年間で扱うタマゴは総量約25万トン、国内で生産されるすべてのタマゴのおよそ1割に当たります。加工食品の原料やタマゴ加工品として供給されています。

    サラダ・惣菜事業

    調理に便利なカット野菜やサラダ、煮物などの惣菜を、スーパー、コンビニ店舗に提供しています。全国に24ヵ所の生産拠点を持ち、地域性や鮮度にこだわった商品作りを行っているのが特徴です。

    加工食品事業

    アヲハタのマーマレードを出発点とし、加工技術や加熱殺菌技術を磨いて、ジャムや缶詰類、パスタソース類などの加工食品を扱っています。アレルギーに配慮したベビーフードや、やわらかな介護食という分野にも商品展開を進めています。

    ファインケミカル事業

    タマゴに秘められた有用成分の研究から始まった事業。レシチンやリゾチームなどのタマゴ成分、ヒアルロン酸、そしてEPAを3つの柱にして、食品や医薬品、化粧品の素材に活用しています。

    物流システム事業

    食に特化した物流を担う事業で、原料の輸送から店舗への配送に至るまで総合的な物流を請け負っています。常温や定温、冷蔵、冷凍など4つの温度帯で対応、食品の品質や安全を守るシステムを整えています。

  • 女性の働きやすさ、残業時間

    厚生労働省「女性の活躍推進企業データベース」の情報によると、2016年3月時点での「キユーピー」の正社員のうち、女性の割合は45%となっています。同じ年度の正社員採用者に着目すると、女性の割合は56.8%になっていることから、女性の採用率が上向きになっていることがわかります。 1月あたりの平均残業時間は23.5時間。また、平均継続勤続年数は、男性の場合で16.3年、女性の場合は9.3年です。男性に比べると短い傾向にあるものの、女性にとっても継続して働きやすい職場であると言えるでしょう。 役員の中で女性の占める割合は、2016年3月時点で6.3%、そして、管理職では6.4%であり、あまり高い数値ではありません。しかし、「キユーピー」の掲げている行動計画では、課長級以上の管理職における女性の割合を10%以上とすることを目標に定め、研修プログラムや交流会への取り組みがなされています。キャリアアップを目指す女性が活躍できる職場として、更に環境が整いつつあると言えます。