home会社を探す東レ株式会社
トウレカブシキガイシャ

東レ株式会社の評判・企業研究

location_on 〒103-8666 東京都中央区日本橋室町2-1-1
東レの評判・口コミ・企業情報を掲載。東レで働く現職社員、元社員(OBOG)からの投稿情報など、転職・就職・企業研究などでご活用ください。

    評価グラフ

    東レ株式会社

    会社の特徴・将来性の企業研究・分析レポート


    企業の強み・弱み・将来性・組織、企業文化の特徴に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    東レ株式会社

    会議数・生産性の企業研究・分析レポート


    社内MTGの良い点・悪い点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    東レ株式会社

    上司との信頼関係の企業研究・分析レポート


    上司の良い点・悪い点・改善点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    東レ株式会社

    同僚との関係性の企業研究・分析レポート


    同僚の良い点・悪い点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    東レ株式会社

    入社理由・入社後の印象の企業研究・分析レポート


    入社理由・入社後のギャップ・やりがいに関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    東レ株式会社

    退職・ストレスの原因の企業研究・分析レポート


    退職をどう防ぐかに関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。

    口コミ

    まだ口コミの投稿はありません。
  • 写真

    まだ写真の投稿はありません。
  • 会社の特徴、売上

    東レグループは、衣類、工業製品やIT関連製品のほか、街や生活のいろいろな分野で使用されている基礎素材を提供する総合化学企業で、その中核が東レ株式会社です。東レ株式会社の歴史は1926年に設立された「東洋レーヨン株式会社」からはじまって、ナイロン、ポリエステルや合成繊維などを開発し進化を遂げてきました。 また、同社は合成繊維だけでなく、合成樹脂、IT関連材料(カラーフィルター、CDやDVD媒体)や炭素繊維など、事業分野を拡大させています。中空糸膜を活用した同社の浄水器はテレビCMで有名となり、炭素繊維複合材料はボーイング社の航空機で採用されて注目を集め、今後は自動車への利用も期待されているのです。 東レ株式会社は化学を軸に技術革新を推進し、「先端材料で世界のトップ企業を目指す」企業です。しかし、同社はそれに加え、地球環境の問題や資源・エネルギー問題、医療・健康などのライフサイエンス分野に役立つ事業にも取り組み、社会貢献も重視しているのです。2008年に国連協会ニューヨーク本部から「2008年ヒューマニタリアン賞」が授与され、同社の環境配慮型事業活動が評価されています。 2016年度の東レグループの連結業績は、売上高が約2兆265億円(前期比3.7%減)、営業利益が約1,469億円(同4.9%減)です。また、経常利益も1,437億円(同4.3%減)と前年度より低下しています。しかし、親会社株主に帰属する当期純利益は994億円(同10.3%増)と前年度より増加しました。

  • 主要事業・商品

    東レ株式会社の主要事業は繊維、機能化成品、炭素繊維複合材料、環境・エンジニアリング、ライフサイエンス、そのほか、としてわけられています。

    繊維

    繊維事業分野では、3大合成繊維のナイロン・ポリエステル・アクリルのすべてが事業化され、原糸・原綿や縫製品・テキスタイルならびに、織編物・不織布・人工皮革・アパレル製品などが提供されています。

    機能化成品

    機能化成品分野では、樹脂・フィルム・ケミカル・電子情報材料の4事業が実施され、自動車用の各部材から、エレクトロニクス製品部材まで幅広く提供されています。それには以下のような多様な製品が含まれています。 ナイロン・ABSなどの樹脂及び樹脂成形品 ポリエステル・PPSなどのフィルムおよびフィルム加工品 合成繊維・プラスチック原料 医薬・農薬原料などのファインケミカル 動物薬 情報通信関連フィルム・樹脂製品 電子回路・半導体関連材料 液晶用カラーフィルターおよび同関連材料 磁気記録材料

    炭素繊維複合材料

    この事業では炭素繊維・同複合材料および同成形品が提供されています。東レ株式会社はPAN系炭素繊維で世界最大のシェアを確保しており、それを中心に多様な素材形態の製品を提供しているのです。その対象分野は、航空機、自動車、一般産業、スポーツ用途など広範囲におよんでいます。

    環境、エンジニアリング

    この分野では、世界でも高い技術をもつ水処理膜や水処理装置のほか、建材用素材・エンジニアリング機器など、幅広い事業が実施されています。対象の事業や製品は次の通りです。

    総合エンジニアリング

    マンション 産業機械類 環境関連機器 水処理用機能膜および同機器 住宅・建築・土木材料 情報通信関連機器

    ライフサイエンス、その他

    医薬・医療事業を中心に医療の質向上や現場の負担軽減、長寿・健康への貢献など社会の要望に応えられるように、医薬品や医療機器が提供されています。その他、分析・調査・・研究などのサービス関連事業も展開されています。

  • 女性の働きやすさ、残業時間

    厚生労働省の「女性の活躍推進企業データベース」によると、 2017年3月時点で労働者に占める女性の割合は、基幹的な職種で13%ですが、嘱託・パートが77.7%、派遣社員が66.1%と多くなっています。 ひと月あたりの労働者の平均残業時間は、正社員平均が19.8時間(所定労働時間は1日7.5時間)です。これは厚生労働省の毎月勤労統計調査(2016年)による事業所規模5人以上の事業所平均である10.8時間よりも多いといえるでしょう。東レ株式会社では、長時間労働を是正するため次のような取り組みが実施しています。 ・各職場で「働き方・働かせ方」の見直し ・個人ごとに業務効率化目標の設定(目標管理シートへ記入) ・労使で業務効率化・総実労働時間削減を推進 ・東京本社および大阪本社でコアタイムのないフレックスタイム制の導入 ・年休取得日数が少ない者へ、個別の改善計画立案およびフォローの実施 管理職に占める女性労働者の割合は4.4%です。総務省「労働力調査(基本集計)」(2014年)の「管理的職業従事者に占める女性の割合」は11.3%なので、東レ株式会社での割合は少ないといえます。また、同社の役員に占める女性の割合は1.5%です。