home会社を探すミズノ株式会社
ミズノカブシキガイシャ

ミズノ株式会社の評判・企業研究

location_on 〒559-8510 大阪府大阪市住之江区南港北1-12-35
ミズノの評判・口コミ・企業情報を掲載。ミズノで働く現職社員、元社員(OBOG)からの投稿情報など、転職・就職・企業研究などでご活用ください。

    評価グラフ

    ミズノ株式会社

    会社の特徴・将来性の企業研究・分析レポート


    企業の強み・弱み・将来性・組織、企業文化の特徴に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    ミズノ株式会社

    会議数・生産性の企業研究・分析レポート


    社内MTGの良い点・悪い点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    ミズノ株式会社

    上司との信頼関係の企業研究・分析レポート


    上司の良い点・悪い点・改善点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    ミズノ株式会社

    同僚との関係性の企業研究・分析レポート


    同僚の良い点・悪い点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    ミズノ株式会社

    入社理由・入社後の印象の企業研究・分析レポート


    入社理由・入社後のギャップ・やりがいに関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    ミズノ株式会社

    退職・ストレスの原因の企業研究・分析レポート


    退職をどう防ぐかに関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。

    口コミ

    まだ口コミの投稿はありません。
  • 写真

    まだ写真の投稿はありません。
  • 会社の特徴と売上

    「ミズノ」は関西に本社を置き、幅広いスポーツ関連用品を開発・製造販売している企業です。 スポーツに特化した商品を開発販売するほか、スポーツイベントの協賛などでもスポーツの振興を支えています。野球を始め、サッカー、バスケットボールなどのプロチームとサプライ契約をかわし、陸上競技、水泳のクラブチームを保有して商品開発を進めています。 2017年3月の売上高は1,887億円となっています。前年比3.8%の減少となっています。同年度の営業利益は前年比51.4%減少、また経常利益においても44.9%減少しています。

  • 主要事業・商品

    ミズノ株式会社を始め、「ミズノスポーツサービス株式会社」「ミズノテクニクス株式会社」など、20の子会社と4つの関連会社でグループが成り立っています。国内はもとより、ヨーロッパ、アメリカ、アジアなど世界各地に活動拠点を持ち、機能性の高いスポーツ用品やサービスの提供を行っています。

    スポーツ競技

    取り扱われているスポーツ用品は、野球、サッカー、卓球などの球技から、水泳や陸上競技まで多岐に渡り、種類豊富。それぞれの競技専用の道具、ウェア、シューズなどを取扱店で販売しています。

    ライフスタイル

    健康やよりよい生活を目的とした身近な商品を展開。トレッキングなどのアウトドア用品のほか、水泳やフィットネス、ランニングシューズなどがあります。

    オールスポーツ

    夏向きの涼感ウェア、冬向きの発熱ウェア、スポーツの動きをサポートするコンプレッションウェアなど、細かなニーズに応える商品を扱っています。

    トレーニング

    競技力アップや健康を目的とした体作りに役立つサプリメントを提供しています。トレーニンググッズやトレーニング用のウェアの取り扱いもあります。

    このほか、ソーラーカット素材やテックフィル素材、ハイドロ銀チタンなどテクノロジーを駆使した製品開発を進めています。また、体育館やグラウンドなど公共スポーツ施設の運営をし、スポーツ教室やイベントを開催することでもスポーツ振興に努めています。

  • 女性の働きやすさ、残業時間

    厚生労働省の「女性の活躍推進企業データベース」の記載によると、「ミズノ」の正社員のうち、2016年3月時点での女性社員の割合は25.3%です。ダイバーシティ推進に取り組んでいる「ミズノ」では、同年の正社員採用者は女性が半数を占める結果となっています。正社員の平均残業時間は、1月あたりで5時間。平均継続勤務年数は、男性で21.3年、女性で16.4年となっていて、女性であっても長く勤めやすい仕事環境であることが伺えます。 また、「ミズノ」では、次世代支援育成対策として出産育児休暇制度や育児休職制度、短時間勤務制度など、さまざまな制度が整っています。その結果、2016年3月時点での女性の育児休業取得率は、100%です。男性でも17%の人が育児休業を取得しています。更に、育休からの復職率が100%であることからも、女性が働きやすい環境整備が進んでいることがわかります。 2016年3月時点での管理職における女性の割合を見ると、3.3%と低いものの、行動計画では2018年3月までに6%の数値に伸ばすことが目標とされています。今後、女性のキャリアアップの機会が広がることが期待できる会社です。