home会社を探す株式会社トプコン
カブシキガイシャトプコン

株式会社トプコンの評判・企業研究

location_on 〒174-8580 東京都板橋区蓮沼町75-1
トプコンの評判・口コミ・企業情報を掲載。トプコンで働く現職社員、元社員(OBOG)からの投稿情報など、転職・就職・企業研究などでご活用ください。

    評価グラフ

    株式会社トプコン

    会社の特徴・将来性の企業研究・分析レポート


    企業の強み・弱み・将来性・組織、企業文化の特徴に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    株式会社トプコン

    会議数・生産性の企業研究・分析レポート


    社内MTGの良い点・悪い点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    株式会社トプコン

    上司との信頼関係の企業研究・分析レポート


    上司の良い点・悪い点・改善点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    株式会社トプコン

    同僚との関係性の企業研究・分析レポート


    同僚の良い点・悪い点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    株式会社トプコン

    入社理由・入社後の印象の企業研究・分析レポート


    入社理由・入社後のギャップ・やりがいに関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    株式会社トプコン

    退職・ストレスの原因の企業研究・分析レポート


    退職をどう防ぐかに関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。

    口コミ

    まだ口コミの投稿はありません。
  • 写真

    まだ写真の投稿はありません。
  • 会社の特徴・沿革

    株式会社トプコンは、精密農業・測量機器・眼科用機器・眼鏡店向け機器など業務用機械機器の製造・販売会社です。1932年設立、本社を東京都板橋区に置き、資本金は166億3,800万円、従業員数は連結で4,497人です。グループ会社は連結子会社73社、関連会社12社があります。(2017年3月現在) 「医・食・住に関する社会的課題を解決し、豊かな社会づくりに貢献する」を経営理念とし、IoT医療ネットワークソリューション・IT農業ソリューション・建設ITソリューションの充実に注力する企業です。 トプコンは、服部時計店精工舎の測量機部門を主として設立されたのがはじまりで、当初の商号は東京光学機械株式会社です。もともとは陸軍省の要請で、測量機や双眼鏡などの他、主に陸軍向けの照準眼鏡を生産していました。 1937年にはカメラ(Lord・ロード)の生産を開始し、1947年には医療機器事業を開始。1989年にはトプコンに社名変更し、1990年にはGPS事業に参入しました。2005年には「オートレベルAT-G1/G2/G3・G5/G6」でグッドデザイン賞2005「ロングライフデザイン賞」を受賞したのをはじめ、これまで多くの製品がグッドデザイン賞を受賞しています。

  • 主要事業・商品

    主要事業の分野として、「ポジショニング」「スマートインフラ」「アイケア」があります。

    ポジショニング

    土木施行・農業の自由化をミッションとし、GNSS測量、マシンコントロールなど高精度GNSS測位技術を活用した製品・システムを展開しています。技術面では、マシン制御技術・GPS技術に立脚しており、ともに買収した技術です。 主な取扱製品は、測量用GNSS受信機・GIS用GNSS受信機・GNSSリファレンスステーションシステム・土木施工用マシンコントロースシステム・精密農業用マシンコントロースシステム・農業向け軽量システムなどがあげられます。

    スマートインフラ

    角度を測るセオドライト・高さを測るレベルなど、創業の頃から光学技術をもとにした測量機器の発展に注力しています。その光学技術をもとに最先端のGPS技術・レーザー技術・画像解析技術を融合させ、革新的な製品の提供を行っています。 主な取扱製品は、トータルステーション・レイアウトナビゲーター・モバイルサーベイシステム・データコレクタ・電子レベル・ローテーティングレーザーなどです。

    アイケア

    眼科で使用する機器類や眼科店での視力測定機器・眼鏡レンズ加工の機器・システムなどを提供しています。 主な取扱製品は、3次元眼底像撮影装置・眼底カメラ・ノンコンタクトタイプトノメーター・手術用顕微鏡・スペキュラーマイクロスコープ・眼科電子カルテシステム・eカルテ・視力検査装置・オートケラトレフラクトメーター・屈折検査システムなどです。

  • 女性の活躍状況

    性別に関わらずさまざまなことにチャレンジし、能力やスキルを活かして活躍することが求められています。グループ従業員の約65%がnon-Japanese、海外売上比率約80%と、グローバルな事業展開を行っていることも特徴です。広い視野で適材適所の採用を行うとともに、さまざまな部門・職種で女性が活躍しています。 出産・育児に関する支援制度としては、妊産婦のための勤務免除・配偶者の出産休暇・結婚祝金・出産祝金・育児休業・勤務時間の短縮・子の看護休暇などがあります。また、生後1年未満の子育てをしている女性社員には、通常の休憩時間とは別に1日2回それぞれ30分間の育児時間が確保できる制度もあります。 トプコンでは、以下の内容で女性活躍推進支援を行っています。 【現状】 「採用者のうち女性の割合が25.9%(過去3年間における平均)である」 【目標】 「採用者のうち女性の割合を30%以上にする」 【取り組み内容】 「短時間勤務やフレックス勤務を推進し、柔軟な働き方が可能となる制度の導入」 「さまざま職種で今以上に女性が働きやすくなる環境づくりに努め、継続的で長期的なキャリア構築への仕組みづくりを目指す」 「女性社員の海外勤務機会をつくり、意欲のある社員にグローバル人材への成長の場を設ける」