home会社を探す株式会社アデランス
カブシキガイシャアデランス

株式会社アデランスの評判・企業研究

location_on 〒160-0007 東京都新宿区荒木町13-4住友不動産四谷ビル6〜7階
アデランスの評判・口コミ・企業情報を掲載。アデランスで働く現職社員、元社員(OBOG)からの投稿情報など、転職・就職・企業研究などでご活用ください。

    評価グラフ

    株式会社アデランス

    会社の特徴・将来性の企業研究・分析レポート


    企業の強み・弱み・将来性・組織、企業文化の特徴に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    株式会社アデランス

    会議数・生産性の企業研究・分析レポート


    社内MTGの良い点・悪い点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    株式会社アデランス

    上司との信頼関係の企業研究・分析レポート


    上司の良い点・悪い点・改善点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    株式会社アデランス

    同僚との関係性の企業研究・分析レポート


    同僚の良い点・悪い点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    株式会社アデランス

    入社理由・入社後の印象の企業研究・分析レポート


    入社理由・入社後のギャップ・やりがいに関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    株式会社アデランス

    退職・ストレスの原因の企業研究・分析レポート


    退職をどう防ぐかに関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。

    口コミ

    まだ口コミの投稿はありません。
  • 写真

    まだ写真の投稿はありません。
  • 株式会社アデランスについて

    1. 目次

    2. 会社の特徴・沿革
    3. 主要事業・商品
    4. 女性の活躍状況
  • 会社の特徴・沿革

    株式会社アデランスは「毛髪関連事業を通じてより多くの人々に夢と感動を提供し笑顔と心豊かな暮らしに貢献する事」を経営理念とする、毛髪関連事業の会社です。1969年に設立され、1985年にフォンテーヌ株式会社を、2001年には米国で毛髪移植事業を展開するボズレー社を子会社化し、世界各地にグループ会社を有するグローバル企業となりました。2017年2月末時点での連結従業員数は6,556名です。 アデランスは、アメリカ・ヨーロッパ・アジアで事業を展開しています。ヨーロッパではフランス・ドイツ・オランダ・ベルギー・イギリスに、アジアではタイ、シンガポール、フィリピン、ラオス、中国、台湾にグループ会社を有します。 毛髪関連事業に関わる研究にも力を入れており、大阪大学や東京大学、東京工業大学、大分大学などに研究開発パートナーを有するほか、9社の研究パートナー企業があります。 1997年に東証一部上場企業となりましたが、2017年2月10日に上場廃止基準を満たしてしまったため、上場廃止となりました。2016年3月1日〜11月30日の連結売上高は、対前年比6.2%減の552億1,100万円、連結営業損失は5億6,500万円(対前年比4億8,400万円)、連結経常損失は10億5,800万円(対前年比の経常利益は1億6,800万円)となっています。

  • 主要事業・商品

    アデランスが手がける事業には大きく分けて「アデランス事業、フォンテーヌ事業、ボズレー事業、海外ウィッグ事業」があります。

    ・アデランス事業

    アデランスの連結売上高の37%を占める事業です。男性向けのウィッグ・ヘアケア商品を扱うブランド「ADERANS」と、女性向けのオーダーメイド・ウィッグやヘアケア、スカルプケアを手がける「レディスアデランス」があります。「ADERANS」では、特許取得の増毛商品「バイタルエクス」を中心に増収。「レディスアデランス」では、買い替え需要の取り込みと特許取得増毛商品「ヘアアッププログラム」のプロモーションに注力するも、百貨店での試着展示会における売上の減少が影響して減収となりました。

    ・フォンテーヌ事業

    連結売上高の10.4%を占める事業です。女性向けのレディ・メイドウィッグを扱っており、新規出店や販促により増収となりました。

    ・ボズレー事業

    北米市場でトップのシェアをほこる毛髪移植事業です。2016年3月1日〜11月30日では、大統領選の影響による広告料金高騰で十分な広告量を確保できず、円高の影響と合わせて減収となってしまいました。連結売上高の13.8%を占めています。

    ・海外ウィッグ事業

    米国やカナダを中心に展開し、北米・ヨーロッパ・アジアのグループ会社においてもウィッグ事業の展開をしています。男女のオーダーメイド・ウィッグを販売するほか、育毛サービスも提供。米国で売上を伸ばしましたが、円高の影響で売上はマイナスとなっています。連結売上高の35.8%を占める事業です。

  • 女性の活躍状況

    厚生労働省による「女性の活躍推進企業データベース」と公式サイトによれば、採用時における女性の割合は、正社員で79%、契約社員で84%、パート社員で100%です。労働者に占める女性の割合は、正社員で53%、契約社員で85%、パート社員で99%、派遣社員で86%。また、再雇用社員における女性の割合は65%です。女性の役職比率は15%となっています。女性労働者の比率は高いものの、役職者はまだ少ない状況です。 育児支援として、産休・育休制度や育児時短勤務制度のほか、2016年9月からは育児以外の短時間勤務制度も導入。女性のキャリアアップ支援にも力を入れています。これまで役職者とされてこなかった女性のエリア総括責任者や店舗責任者を正式に役職者とする人事制度の見直しや、役職者育成キャリア研修などを実施することで、女性の役職者が占める割合を30%以上にすると発表しました。 残業時間は繁忙状況によって異なりますが、公式サイトでは月10時間程度と回答しています。