home会社を探す平田機工株式会社
ヒラタキコウカブシキガイシャ

平田機工株式会社の評判・企業研究

location_on 〒861-0198 熊本県熊本市北区植木町一木111
平田機工の評判・口コミ・企業情報を掲載。平田機工で働く現職社員、元社員(OBOG)からの投稿情報など、転職・就職・企業研究などでご活用ください。

    評価グラフ

    平田機工株式会社

    会社の特徴・将来性の企業研究・分析レポート


    企業の強み・弱み・将来性・組織、企業文化の特徴に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    平田機工株式会社

    会議数・生産性の企業研究・分析レポート


    社内MTGの良い点・悪い点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    平田機工株式会社

    上司との信頼関係の企業研究・分析レポート


    上司の良い点・悪い点・改善点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    平田機工株式会社

    同僚との関係性の企業研究・分析レポート


    同僚の良い点・悪い点に関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    平田機工株式会社

    入社理由・入社後の印象の企業研究・分析レポート


    入社理由・入社後のギャップ・やりがいに関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。
    平田機工株式会社

    退職・ストレスの原因の企業研究・分析レポート


    退職をどう防ぐかに関する口コミ

      まだ口コミの投稿はありません。

    口コミ

    まだ口コミの投稿はありません。
  • 写真

    まだ写真の投稿はありません。
  • 会社の特徴・沿革

    平田機工株式会社は、1951年に設立、本社を熊本県熊本市に置く、生産用ラインを製造しているメーカーです。自動車や半導体、家電製品などのさまざまな分野での生産設備の製造や販売を行っています。 1941年に平田車輛工業として創業した平田機工は、木製の車輪を使用した一般産業車輪の製造を行っていました。手押し車を最初に作っていましたが、乳母車の代用品を制作したところ売れ行きが伸び、リヤカーの製作販売を開始しました。1951年に平田車輛工業株式会社に社名を変更するとコンベヤーの製作に取り組み始めました。1974年には大平コンベヤー、平田車輛工業、平田機工商事の三社で平田機工をつくり、自動化についてさまざまな研究や開発をかさね、海外からの注文にも対応できるような取り組みを始めました。その後、テレビのブラウン管の生産ラインや新型のFOUPオープナやウェーハ搬送ロボットを開発し、半導体の製造装置市場に参入しています。2016年に本社を東京都から熊本に移しました。 【売上高】 2016年3月期の売上高は単体で377億2500万円、2017年3月期は627億8400万円と増加しています。単体での2017年3月期の経常利益は61億8200万円、当期純利益は47億6000万円となっています。連結での売上高は2016年3月期の530億4800万円、2017年3月期は805億4200万円となり増加しています。

  • 主要事業・商品

    主な事業として、幅広い産業分野で使われている製品の製造・販売を行なっています。

    ・自動車関連生産設備

    エンジン組み立て設備や、シリンダーヘッドの組み立てライン、ピストン組み立てラインにCVT組み立てライン、オートマティックトランスミッション組み立てライン、DCT組み立てラインなどから構成されています。国内だけでなく海外からも評価を得ており、ハイブリッド車用のモーターなどの組み立てを行っています。

    ・半導体関連設備

    真空でも使用可能なウェーハ搬送ロボットやロードポートなどを製造販売しています。異なる大きさのウェーハに対応できるようにFOUPオープナやSMIFオープナがあります。

    ・パネル製造装置

    ディスプレイに使用されるガラスの切断装置や、符合装置、塗布装置などがあり、自動で行えるように設計されたシステムなどを提供しています。生産形態などから適したシステムの選択が可能です。

    ・産業用ロボット

    産業用ロボットには、制御装置、多様なロボットがあります。家電や自動車などの産業分野で使用されており、モノづくりをシステムから支えています。産業ロボットには直交大型ロボットやスカラ小型ロボットがあります。直交大型ロボットの中には、材料を置くだけで表裏の面取りを自動で行うものもあり、反転作業などが不要です。

    ・電子、電気機械器具関連生産設備

    ハードディスクや大型薄型テレビを自動で組み立てるラインや、電子部品に必要なコンプレッサーやコンデンサーを自動で組み立てる装置があります。割れやすいガラスをスムーズに搬送することができ、組み立てることができる設備は、大型薄型テレビの安定化した生産が可能です。

    ・医療、理化学機器

    細胞観察装置や三次元ビーズ衝撃式多検体細胞破砕装置、撹拌装置、鼓膜断検知装置があります。細胞観察装置では、解析ソフトを使用することによって数値化することも可能です。 この他にも、パワーモジュール関連、搬送設備・自動倉庫、FA機器の単品販売も取り扱っています。

  • 女性の活躍状況

    主な職種として、経営企画やIR広報、経理などの事務系総合職と、機械の制御設計や開発、社内情報システム、営業技術などの技術系総合職から成り立っています。女性社員も事務などの職種だけでなく、設計や製造などのエンジニアなどで活躍しています。 福利厚生としては、育児休暇、介護休暇、出産前の産前特別休暇、育児休職のあと職場に復帰しやすいように短時間で働くことができる短時間勤務などがあります。子どもが小学校3年生まで短時間勤務制度を使用することができます。 社員の休暇取得率向上とあわせて、労働時間の削減への取り組みも行っています。社員がそれぞれで3日連続の休暇を取得できるグッドライフ休暇では、土曜日や日曜日を組み合わせることによって、最大5日までの連続休暇が可能です。また、毎月水曜日や、給与や賞与の日は残業を行わないノー残業デーを設けています。